トップ / 赤ちゃんのアトピーを食生活の見直しで改善

赤ちゃんのアトピー改善

赤ちゃんのアトピーを食生活の見直しで改善

赤ちゃんのアトピーを食生活の見直しで改善する

アトピーの赤ちゃんの症状を改善するためには、ママの食生活の改善は欠かせません。食事は体を作るものですし、離乳食の始まっていない、生まれてまだ母乳しか口にしていない赤ちゃんではなお更です。免疫力を高めて赤ちゃんの健康的な肌を作るためにも、ママの食生活は重要です。

免疫力を上げてアトピーを改善するための基本の食生活は、昔ながらの和食です。ご飯、味噌汁、漬物、主食、副菜といった食事が理想的ですね。青魚、野菜、海藻などです。使う食材は季節の野菜が一番です。夏野菜は体を冷やすものが多く、冬野菜は体を温めるものが多いからですね。その季節に必要な栄養素と作用があるのが季節の野菜なので、理にかなっています。

反対に赤ちゃんの免疫力のために控えたいのは動物性タンパク質、油分や白砂糖、油分ではマーガリンのような質の低い油はできるだけ避けたいです。ドレッシングやお菓子は、市販品よりも手作りにすることで油分や白砂糖を減らすこともできます。食品添加物や人工甘味料の取りすぎも気になりますので、市販品を購入する時には成分表示を確認してみることです。

母乳の出が悪いと粉ミルクに頼ることも増えてしまいますが、アトピーの赤ちゃんの場合には粉ミルクも症状が出る原因になっているかも知れません。もし母乳だけで足りない場合にはアトピーの子用の低アレルゲンの粉ミルクを選んでください。

母乳で育つ赤ちゃんにとってママの食生活は重要なのですが、全ての悪いものを避けることは不可能です。毎食神経を使いすぎるのも良くありません。たまには甘いものも食べたいし、外食も楽しみたいです。神経質になりすぎてストレスになれば、母乳の出も悪くなってしまいますし、食事や育児を楽しめなくなってしまいます。できることを無理なく続けることが大切ですね。